FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 | スポンサー広告 | トラックバック:- | コメント:-

【税務】No.13 5,000円以下の飲食費等

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■□■□経営者のための経営税務情報 No.37□■□■
                  発効日:2006/06/02
            堤邦雄税理士事務所ホームページ
          http://tsutsumizeirishi.fc2web.com/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■□5,000円以下の飲食費等

平成18年度の法人税関係改正で、1人当り5,000円以下の飲食費等は交際費
から除外できることとなりました。
「飲食その他これに類する行為のために要する費用」と定義されていますので、
購入された弁当、出前、カラオケ、スナックでの飲食も含まれると考えられま
すが、会社の役員・従業員間での飲食は従前どおり交際費とされます。
この取扱いは平成18年4月1日から開始する事業年度から適用されます。
申告書の作成時に別表15の交際費等の損金算入に関する明細書で、交際費の
額から控除される費用の額に計上します。
又、支出時には出席者全員の氏名をメモしておけば人数が判明し、1人当たり
5,000円以下の判断もできます。
交際費に該当しなくなった支出については会議費・販売促進費として処理する
方法が考えられます。



メールマガジン講読希望の方はこちら!

ランキング参加中です!よろしくお願いします!
ブログの惑星ランキング
スポンサーサイト

2006年08月22日 | 税務 | トラックバック:- | コメント:-

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。