FC2ブログ

節税に!電話加入権除却損の会計処理

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■□■□経営者のための経営税務情報□■□■
       発行日:2019年5月24日
       堤税理士行政書士事務所
        http://taccount.sakura.ne.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

電話をインターネット回線に切り替えておられる事業所も多いと思いますが、
顧問先の決算のたびに、資産の部に計上されている電話加入権の金額には疑問を持ってきました。
1回線当たり72,000円で計上されていますが、現在の市場価額は数千円です。
電話加入権は非減価償却資産のため、償却費は計上できず取得価額のままです。
インターネット回線に切り替えたため、NTT東日本との利用契約を解約した場合
会計処理は電話加入権の除却損が計上できます。
これは解約により電話加入権が消滅するためで、解約の事業年度で除却損を計上します。 
一つの節税方法としてご検討ください。

経営相談・税務相談、確定申告や決算に関するお悩みなど、
お気軽にご相談下さい。

税理士・行政書士  堤 邦雄
スポンサーサイト

2019年05月24日 | 税務 | トラックバック:- | コメント:-

会社設立後の預金口座開設について

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■□■□経営者のための経営税務情報□■□■
         発行日:2019年5月23日
         堤税理士行政書士事務所
          http://taccount.sakura.ne.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

会社設立後、預金口座の開設が必要です。
しかし金融機関の対応が厳しくなったため、口座開設に時間がかかる
お客様が増えています。
まだ事業として売り上げが少ない、取引実績がない、事業規模が小さいなど
色々な理由で断られています。

対策として、経験から以下のことが考えられます。ご検討ください。

1 都市銀行では三井住友銀行、三菱UFJ銀行は審査に時間がかかりますが、
  みずほ銀行は早い対応をしてくれます。
2 ゆうちょ銀行は会社の全部事項証明書、定款コピー、税務署への会社設立届、
  青色申告申請書写し等を持参すれば開設してくれます。
3 個人で取引が有る金融機関に相談すると開設が早い場合があります。
4 信用金庫は税理士の紹介があれば相談にのってくれます。

日本政策金融公庫の創業融資を受ける場合、預金口座の開設が必要です
早めの準備をしてください。


その他、資金繰りのサポートをしております。
お気軽にご相談下さい。

税理士・行政書士  堤 邦雄

2019年05月23日 | 経営 | トラックバック:- | コメント:-

返済不要の補助金・助成金の活用のすすめ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■□■□経営者のための経営税務情報□■□■
         発行日:平成31年1月25日
         堤税理士・行政書士事務所
          http://taccount.sakura.ne.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

「返済不要の補助金・助成金の活用のすすめ」

当事務所では毎月顧問先の月次試算表を作成していますが、増収にも拘わらず減益になる会社が増加しています。
人件費等の増加が原因と考えられます。
なかなか売上を増やすことが難しい中で増加する経費をカバーする対策として、補助金・助成金があります。
ある顧問先は社員12名ほどの中小企業ですが、2年合計で970万円ほどの厚生労働省関係の助成金を獲得し、利益の維持に成功しています。
補助金・助成金は、厚生労働省・経済産業所・東京都等の地方公共団体所管のほかにも多岐にわたります。
最近予算化されているものづくり補助金・IT補助金、消費税増税対策として活用できる軽減税率補助金は是非検討すべきと考えます。

主な補助金・助成金を以下に列挙します。
適応・申請は難しく時間がかかりますので専門家へのご相談をお勧めいたします。

1 ものづくり補助金
2 軽減税率対策補助金
3 IT補助金
4 キャリアアップ助成金
5 正規雇用等転換促進助成金
6 企業内人材育成推進助成金
7 小規模事業者持続化補助金

補助金・助成金専門家のホームページをご確認ください。
㈱アライブビジネス
http://alive-business.com/


税理士行政書士 堤 邦雄

2019年01月25日 | 経営 | トラックバック:- | コメント:-

最近の税務調査動向

最近の税務調査動向
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■□■□経営者のための経営税務情報□■□■
         発行日:平成31年1月10日
         堤税理士・行政書士事務所
          http://taccount.sakura.ne.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

あけましておめでとうございます。
2019年も皆様のお役に立つ情報を発信していきたいと思います。
本年もどうぞ宜しくお願い致します。

「最近の税務調査動向」

昨年当事務所の顧問先では4件の税務調査がありました。

1件目は建設関係の会社です。
調査着手前に2日間の日程連絡が有りましたが、連続日程では会社も当事務所も業務上支障をきたしますので、まず1日調査していただくよう要請しました。
1カ月先の日程でしたので、建設関係の調査で問題となる仕掛工事について工事着手から完成までの日程を点検し、金額の確認も代表者と行いました。
各種契約書で印紙の貼付も調査時確認されますので点検しました。
調査前に代表者と3年分の元帳他対象書類を点検し、想定される質問事項を伝えておくと安心されました。
正しく申告していても税務調査は嫌なものです。
1日だけの立会いで終わり、後日電話で疑問点に回答し無事申告是認で終了しました。
1か月後には税務署より申告是認通知書が届き、会社の応接室に掲示しておくよう代表者に伝えました。
以前別の顧問先で申告是認通知書を掲示しておいたところ、取引先と金融機関の方が見てその後の業務に良い影響があったからです。

2件目は飲食業のため事前連絡なしの現況調査でした。
会社も当事務所も予定外のスケジュールで混乱しました。
事前連絡なしの調査は業務上支障をきたしますので後日の調査を要請しますが、税務署側は現金監査だけでもと協力を要請します。
代表者の了解が無いと強製調査と違い調査着手できないので、連絡不能の場合後日の実施となります。
了解が取れれば調査を進めますが少ない時間で終わることはありません。
その日のスケジュールで都合が悪い時は、代表者ははっきりと伝え後日の日程を検討すべきです。
大事な商談等があれば業績に大打撃です。
いつでも対処できるよう会計処理は遅れないようにしたいものです。
飲食業他現金商売は事前連絡の例外として現況調査を実施しますので要注意です。

3件目は取引先の反面調査でした。
取引先が鉄くず等を売却しているが、会社名か個人名で取引しているかの確認調査です。
雑収入の計上漏れは必ず確認されますので適正な計上が望まれます。
情報の提供のみで無事終了しました。

4件目は特別調査情報官によるグループ会社同時調査でした。
この特別調査情報官は東京国税局管内でも数名しか存在しません。
3署以上の税務署と連携し、5社以上のグループ会社調査です。
グループ会社では利益調整の取引が存在するとの判断からの調査選定です。
グループ間での取引は適正額が疑われますので、他の取引先と同じように契約書、請求書、領収書の作成は必要です。
後回しにしないで作成しておくべきです。

以前は実質課税が検討されましたが、最近は租税法律主義の前提で役員報酬の定時同額報酬支払のように形式的な様式が重要になってきています。
日頃の経理処理他各種書類の作成は遅れることなく作成することが必要です。

税務調査の立会い、交渉の依頼、事前の書類確認等お引き受けいたします。

税理士行政書士 堤 邦雄

2019年01月10日 | 税務 | トラックバック:- | コメント:-

堤税理士行政書士事務所からの新着情報

堤税理士行政書士事務所からの新着情報
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■□■□経営者のための経営税務情報□■□■
         発行日:平成30年12月20日
         堤税理士・行政書士事務所
          http://taccount.sakura.ne.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

① 日本政策金融公庫融資

起業をお考えの方、事業資金の調達をされる方、
無担保・無保証人・低金利の日本政策金融公庫融資をご検討ください。
日本政策金融公庫融資は、他の金融機関より借りやすく条件も有利です。

平成30年は、日本政策金融公庫融資を9件申し込み代行いたしました。
そのうち8件は融資済みです。12月中旬に申し込んだ案件は申し込みが遅れたので、12月中に面接があり31年1月の融資となる予定です。
当事務所では毎月顧問先の試算表を作成していますので融資決定は早くなっています。


② 補助金・助成金

中小企業や個人事業者支援の為に支給される返済不要の補助金や助成金、数多くありますが、平成31年の消費税増税対策として軽減税率対策補助金が注目されています。IT補助金と合わせてご検討ください。
当事務所では専門家と提携して診断・申請代行をいたします。


③ 就業規則の作成・改定

解雇・残業手当問題で困っている会社が増加しています。
その対策として社会保険労務士と提携して就業規則の作成・改定を提案致します。
お気軽にご相談下さい。


税理士・行政書士  堤 邦雄

メールマガジン購読希望の方はこちら

2018年12月20日 | 経営 | トラックバック:- | コメント:-